よくあるご質問

海洋散骨(自然葬)Q&A

海洋散骨の法的問題はありませんか?

ハワイ州では昔から行なわれている埋葬方法です。州法に則り施行されます。
遺骨はどのようにして持ち込むの?

日本で火葬したお骨をそのまま持込することはできません。必ず粉末化(粉骨)にしてお持ち下さい。
アメリカ入国の通関検査は?

検査はありませんが、ご遺骨(粉骨)と説明できるようにし、死亡診断書、火葬許可証、埋葬許可証のいずれかと、その英訳をお持ちになることをおすすめします。
ご遺骨(粉骨)を入れる容器は?

自然環境に優しい「水溶性の紙袋」に入れてお持ちになることをおすすめします。
持参するご遺骨(粉骨)の量は?

特に決まりはありません。日本のお墓への埋葬とハワイの海への散骨で、分骨される方もおります。
散骨時の服装は?

喪服である必要はございません。海上ですので、濡れても構わない服装でご参加下さい。
代理散骨は依頼できますか?

現地に行けない皆様のために、日本でご遺骨をお預かりし、代理で散骨させていただく「代理委託プラン」がございます。代理委託プランの場合は、粉骨を当社へ郵送又はご持参下さい。(散骨日の指定はできません。概ね6ヶ月以内に散骨します)

詳細はお気軽に
ご相談ください

資料のご請求、お申し込み、ご相談などは下記フリーダイヤル(終活Pontaコールセンター)、
または下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-3-76682

24時間・365日受付

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせ